ボクシング

選手名鑑40:武居由樹|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報などを紹介

画像出典:武居由樹が衝撃の1回TKO勝ちデビュー/BOX

明日の三歩
明日の三歩
おっす、おら三歩!
元K-1王者であり、同階級では敵なしの無類の強さを誇った男がボクシングに転向!壊しのベビーフェイス武居由樹を紹介するぞ!
やっべぇぞ!

武居由樹のwiki的プロフィール

基本情報

名前 武居 由樹(たけい よしき)
生年月日 1996年7月12日(25歳 ※記事更新時)
出身地 東京都足立区
身長/体重 170cm/55kg
階級 バンタム級/スーパーバンタム級
所属 大橋ボクシングジム
入場曲 I WAS BORN TO LOVE YOU(QUEEN)
獲得タイトル ・初代Krushバンタム級王者(2016年)
・第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者(2017年)

twitter
(ツイッター)
@tankiti000
instagram
(インスタ)
yoshikitakei712

さくっと簡単な来歴

  • かつては悪ガキ少年だったが、中学時代にPOWER OF DREAMの古川誠一会長と出会い、会長の自宅に住みながら練習の日々を過ごす(フジテレビ「ザ・ノンフィクション」で「悪ガキ ガチンコ物語」放送)
  • 2014年 、Krush.47でプロデビューしてKO勝ち。次戦、佐野天馬、西京春馬と判定での連敗を喫するも、この後無敗の連勝街道を突き進むことになる
  • 2016年、Krush.66のKrush -53kg初代王座決定トーナメント決勝戦をKOで勝利し、初代Krush -53kg王座を獲得
  • 2017年、第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場し、決勝では久保賢司をボクシングテクニックで上回り終始圧倒して完勝しての優勝。王座を獲得した
  • 王座獲得後もスーパーファイトで連続KO勝利を続け、2018年3月「K’FESTA.1」では久保賢司と再戦し、1RKOで下して王座防衛に成功
  • その後も海外勢を次々と撃破し、2019年6月の両国大会では現役王者として世界最強決定トーナメントに臨み、決勝での玖村将史を含め3連続KO勝利という圧倒的な強さでスーパー・バンタム級の“完全制覇”を成し遂げた。
  • 2020年3月「K’FESTA.3」ではムエタイの強豪デンサヤームと対戦し、KO勝利こそ逃したもののK-1 JAPAN GROUPでの連勝記録を“20”に伸ばした
  • 2020年6月にボクシングへの転向を表明(きっかけは、蹴るのが難しくなる怪我をしたのが一番大きな理由と語る)。2021年3月、後楽園ホールでプロボクシングデビューし、1R1分43秒TKO勝ちを収め、続く9月の2戦目も1RTKO勝ちにより、ボクシング初のメインイベントを締めくくった。

武居由樹の戦績・試合

プロボクシング戦績(※2021年9月9日時点)

勝率:100%
試合決定率:100%(= KO勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 判定
試合数 2
勝ち 2 2 0
負け 0 0 0
分け 0
無効 0

参考:プロキックボクシング戦績

勝率:92%
試合決定率:70%(= KO勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 判定
試合数 25
勝ち 23 16 7
負け 2 0 2
分け 0
無効 0

直近の戦績

プロボクシング戦績

対戦相手 結果 日付
竹田梓 1R 2:57 TKO 2021年9月9日
高井一憲 1R 1:43 TKO 2021年3月11日

参考:プロキックボクシング戦績(※直近10試合の戦績)

対戦相手 結果 大会/日付
デンサヤーム・アユタヤファイトジム 3R 判定3-0 K-1 WORLD GP – K’SFESTA3 – /2020年3月22日
スリヤンレック・オーボートーガムピー 3R 判定3-0 K-1 WORLD GP – 初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ – /2019年12月28日
玖村将史 2R 0:38 KO K-1 WORLD GP – K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント -【トーナメント決勝戦】/2019年6月30日
玖村修平 1R 1:46 KO K-1 WORLD GP – K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント -【トーナメント準決勝戦】/2019年6月30日
アレックス・リーバス 1R 2:48 KO K-1 WORLD GP – K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント -【トーナメント決1回戦】/2019年6月30日
サンドロ・マーティン 1R 2:54 KO K-1 WORLD GP – K’SFESTA2 – /2019年3月10日
ヨーブアデーン・フェアテックス 延長 判定3-0 K-1 WORLD GP – K-1ライト級世界最強決定トーナメント – /2018年12月8日
アクラム・ハミディ 1R 1:42 KO K-1 WORLD GP – 初代クルーザー級王座決定トーナメント – /2018年9月24日
久保賢司 1R 1:27 KO K-1 WORLD GP – K’SFESTA1 – /2018年3月21日
ビクトー・サラビア 1R 1:38 KO K-1 WORLD GP – 初代ヘビー級王座決定トーナメント – /2017年11月23日

これを見ろ!おすすめの試合

VS 久保賢司
(K-1 WORLD GP – K’SFESTA1 – /2018年3月21日)

武居はまだボクシングでは1戦しかしていないため、ここではK-1時代の動画を紹介する。
元K-1ウェルター級王者の久保優太の弟であり、自身も元RISEバンタム級王者である久保賢司との対戦である。
武居は左三日月蹴りを効かせるとハイキックを打ち込み、さらにボディフック、顔へのフックと畳み掛け、初回から早々にダウンを奪う。
立ち上がった久保に対し、武居は右フックからさらに襲って左ハイキック。そして右フックで久保に再びダウンを与え、KO勝利。
武居の圧倒的な強さを見せつけた試合となった。

明日の三歩
明日の三歩
猫のような柔らかい動きからの鉄の拳!いかちぃぞ!

戦って欲しい!あの選手

VS 那須川天心

2022年にボクシング転向を公式発表しているキックボクシング界無敗の神童那須川天心とのボクシング対決を是非みてみたい。
キックボクシング時代は団体の壁もあったが、階級も近しいと思われる中、この2人がボクシングの舞台で拳を交える可能性はある。
武尊 vs 天心のキック対決が実現され、さらにその先には、武居 vs 天心のボクシング対決が実現されたら、格闘技ファンであれば大興奮間違いない。(2021年6月2日時点)

那須川天心_アイキャッチ画像
選手名鑑05:那須川天心|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなど今回はキックボクシング無敗の神童、那須川天心を紹介。 戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどを詳しく紹介します。...

武居由樹のyoutube

2021年6月2日現在、武居由樹は自身のyoutubeチャンネルは持っていないと思われる。

おすすめyoutube動画

武居由樹は自身のyoutubeチャンネルを持っていないため、今回はK-1時代に行われたK-1の絶対王者武尊とのエキシビジョンマッチの動画を紹介する。
圧倒的な強さを誇るK-1王者同士の打ち合いは非常に見応えがある。

明日の三歩
明日の三歩
エキシビジョンマッチだけでなく、K-1の本舞台でもこの対戦をみたかったぞ!
武居由樹には、ボクシングに転向したからには、絶対世界王者になったほしいぞ!

【OFFICIAL】武尊vs武居由樹  Krush.79 in NAGOYA K-1 WORLD GP スペシャルエキシビションマッチ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です