MMA

選手名鑑46:フランシス・ガヌー|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなど

フランシス・ガヌー_アイキャッチ画像

画像出典:UFC 218:公式計量セレモニーに登場したフランシス・ガヌー | UFC JAPAN

明日の三歩
明日の三歩
おっす、おら三歩!
UFCヘビー級王者で人類最強の男、最も人間離れしたとんでもないストライカー、フランシス・ガヌーを紹介すっぞ!
やっべぇぞ!

フランシス・ガヌーのwiki的プロフィール

基本情報

名前 本名:フランシス・ザビエル・エンガヌー
(Francis Zavier N’Gannou)
生年月日 1986年9月5日(35歳 ※記事更新時)
出身地 カメルーン 西部州バティエ
身長/体重 193cm/119kg
階級 ヘビー級
所属 UFCパフォーマンス・インスティテュート/エクストリーム・クートゥア
獲得タイトル ・100% Fightヘビー級王座(2014年)
・第22代UFC世界ヘビー級王座(2021年)
twitter
(ツイッター)
@francis_ngannou
instagram
(インスタ)
francisngannou

さくっと簡単な来歴

  • フランシスガヌーは、2013年、MMAを初めてわずか5ヶ月でフランス・パリのMMA団体「100% Fight」にてプロデビューし一本勝ち
  • 2戦目に敗戦を喫するも、その後は衝撃のフィニッシュ勝利を続け、2014年、100% Fightヘビー級王座を獲得、2015年、MMAを初めてわずか2年、デビューからわずか6戦でMMA世界最高峰のUFCと契約し、UFCデビューをKO勝利で飾る
  • UFCデビュー後もすべてフィニッシュで6連勝し、驚異的なスピードでトップまで駆け上がる
  • 2018年1月、UFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者スティーペ・ミオシッチに挑戦。ガヌー有利の声も多い中、オールラウンダーのミオシッチにスタンドの打撃を凌がれ、テイクダウンとグラウンドで終始圧倒され、0-3の5R判定負け。経験値の差を見せつけられ、王座獲得に失敗
  • 2018年7月、再起戦でデリック・ルイスと対戦。試合前からかなりの盛り上がりを見せたものの、双方が相手の打撃を警戒して「お見合い」状態のまま試合が終了し、0-3の判定負け。観客からブーイングが起き、解説に酷評された試合となった
  • 前試合で評価を落としたものの、ここから、元UFCヘビー級王者ケイン・ヴェラスケス、ジュニオール・ドス・サントスランキングらの上位ランカー達を相手に全て1R秒殺KO勝利で4連勝し、ガヌーはとんでもない快進撃を繰り広げた
  • 2021年3月、UFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者スティーペ・ミオシッチに再挑戦。1Rから打撃をヒットさせ、2Rに左ジャブでダウンを奪い、立ち上がったミオシッチに追撃の左フックでKO勝ちを収め、約3年越しのリベンジを果たし、カメルーン人史上初となる王座獲得に成功

フランシス・ガヌーの戦績・試合

プロ総合格闘技戦績(※2021年6月10日時点)

勝率:84%
試合決定率:100%(= KOor1本勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 一本 判定
試合数 19
勝ち 16 12 4 0
負け 3 0 3 0
分け 0
無効 0

直近の戦績

※直近10試合の戦績

対戦相手 結果 大会/日付
スティーペ・ミオシッチ 2R 0:52 KO UFC 260 【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】/2021年3月27日
ジャルジーニョ・ホーゼンストライク 1R 0:20 KO UFC 249 /2020年5月9日
ジュニオール・ドス・サントス 1R 1:11 TKO UFC on ESPN 3 /2019年6月29日
ケイン・ヴェラスケス 1R 0:26 KO UFC on ESPN 1 /2019年2月17日
カーティス・ブレイズ 1R 0:45 TKO UFC Fight Night: Blaydes vs. Ngannou 2 /2018年11月25日
デリック・ルイス × 3R 判定0-3 UFC 226 /2018年7月7日
スティーペ・ミオシッチ × 3R 判定0-3 UFC 220【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】 /2018年1月20日
アリスター・オーフレイム 1R 1:42 KO UFC 218 /2017年12月2日
アンドレイ・アルロフスキー 1R 1:32 TKO UFC on FOX 23 /2017年1月28日
アンソニー・ハミルトン 1R 1:57 一本 UFC Fight Night: Lewis vs. Abdurakhimov /2016年12月9日

これを見ろ!おすすめの試合

VS アリスター・オーフレイム
(UFC 218 /2017年12月2日)

2017年、当時ヘビー級ランキング1位のアリスター・オーフレイムとの対戦でガヌーの名を一気に世に知らしめた出世試合でもある。
1Rに左アッパーで1R失神KO勝ちを収め、とんでもないインパクトを残した。
この試合は、2017年UFCノックアウト・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

明日の三歩
明日の三歩
アッパー1発でヘビー級選手が失神!いかつい、いかつすぎるぞガヌー!

戦って欲しい!あの選手

VS ジョン・ジョーンズ

元UFC世界ライトヘビー級王者であり、UFCパウンド・フォー・パウンド・ランキング1位、UFC史上最年少王座獲得記録(23歳8か月)を保持するJJことジョン・ジョーンズとの試合を是非見たい。

JJは、2020年、ヘビー級転向に伴いUFC世界ライトヘビー級王座の返上。
2021年3月、ヘビー級王者となったフランシス・ガヌーへの挑戦が約束されていたが、JJはUFC側から提示されたファイトマネー(1000万ドル)が試合に見合った金額ではないとしてオファーを断りった。
後日、UFC代表のダナ・ホワイトはガヌーの初防衛戦の相手がジョーンズではなくデリック・ルイスになることを示唆している。

ガヌー自身は「ジョン・ジョーンズは歴史に名を残す最高のファイター。いつでも、どこでも、すぐにでも、彼が準備ができたらやろう」と語っており、是非この試合を実現してほしいものだ。(2021年6月10日時点)

その他のTopics

カメルーンから徒歩でフランスへ!?

  • ガヌーは、カメルーンの貧しい家庭に生まれ、幼い時に両親が離婚、叔母や叔父の家に預けられている
  • 貧しく、あまり学校に通えなかったガヌーは、家計を助けるため12歳で危険が伴う砂の採取場で働いた
  • 離婚して家を出ていった父親が有名なストリートファイターだったために、その悪名とガヌーの恵まれた体格に目をつけた複数のギャングから仲間に誘われるも、父親のようになりたくなかったガヌーは、誘いをきっぱり断っている
  • 村の争い事の仲裁や、時には村人が奪われた金品を強盗から取り返すなど、村の顔役として頼りにされていたが、カメルーンで成功の機会を得るのは難しいと考え、26歳の時にボクシングを学んで大金を稼ごうとフランスのパリへ渡った
  • その時、お金を持たないまま、徒歩とボートだけでモロッコ・スペインを経由し、フランス渡っている

ガヌーはパリのホームレスだった!?

  • パリに到着するも、住むところも金も無く、知人もいなかったガヌーは、パリの路上でホームレスとして生活することになる
  • ガヌーは飛び込みで交渉し、無料でトレーニングをやらせてもらえるボクシングジムを見つけ、トレーニングを続けていた
  • しかし、週末は閉まってしまうジムであったため、週末もトレーニングを出来るジムを探していたところ、総合格闘技ジム「MMAファクトリー」を紹介され、ジムを尋ねると直ぐにジムのオーナーのフェルナンド・ロペスに素質を見込まれて、その日から総合格闘技のトレーニングを始めた
  • この時、ガヌーはまだ路上で生活していたため、住むところがないと知ったロペスはガヌーにジムで寝泊まりすることを許可。さらにはガヌーのために住居を探してくれたそう

是非みて欲しい!ガヌーの紹介動画

下記のyoutube動画にガヌーの歴史がとても詳しくまとまっているため、是非みて欲しい

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です