MMA

選手名鑑42:イスラエル・アデサニヤ|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなど

イスラエル・アデサニヤ_アイキャッチ画像

画像出典:UFC 234:公式計量に登場したイズラエル・アデサニヤ | UFC JAPAN

明日の三歩
明日の三歩
おっす、おら三歩!
キックボクシング戦績81戦75勝という脅威の記録をつくりMMAへ転向、華のある打撃で人気のUFCミドル級王者、イスラエル・アデサニヤを紹介すっぞ!

ちなみに、アデサンヤと呼ばれることもあるぞ!
やっべぇぞ!

イスラエル・アデサニヤのwiki的プロフィール

基本情報

名前 本名:イスラエル・モボラジ・テミタヨ・オドゥナヨ・オルワフェミ・オウォラビ・アデサニヤ
(Israel Mobolaji Temitayo Odunayo Oluwafemi Owolabi Adesanya)
生年月日 1989年7月22日(32歳 ※記事更新時)
出身地 ナイジェリア・ラゴス出身
身長/体重 193cm/84kg
階級 ミドル級
所属 シティ・キックボクシング
獲得タイトル ・第4代AFCミドル級王座(2017年)
・Hex Fighting Seriesミドル級王座(2017年)
・UFC世界ミドル級暫定王座(2019年)
・第11代UFC世界ミドル級王座(2019年)
twitter
(ツイッター)
@stylebender
instagram
(インスタ)
stylebender

さくっと簡単な来歴

  • 2011年、イスラエルアデサニヤは、プロキックボクシングデビューすると、世界最大のキックボクシング団体GLORYにも参戦。キックボクシング戦績通算81戦75勝というとんでもない戦績を残す
  • 2012年からキックボクシングにも出場しながら、プロ総合格闘家デビューすると、11戦全勝の戦績でUFCと契約
  • 2018年のUFCデビュー戦では、ロブ・ウィルキンソンと対戦し、スタンドパンチ連打で2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、UFCデビュー戦を白星で飾った
  • そこから連勝を重ね、2019年2月のUFC5戦目では、格闘技を始める前からの憧れの存在であった元UFCミドル級絶対王者アンデルソン・シウバに判定勝ち。試合後、感極まって涙を見せた
  • 2019年4月、UFC 236のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でケルヴィン・ガステラムと対戦。KO寸前まで追い詰め、3-0の判定勝ち。暫定王座獲得に成功
  • 2019年10月、UFC 243のUFC世界ミドル級王座統一戦で正規王者のロバート・ウィテカーと対戦し、KO勝ち。ミドル級王座統一に成功。同大会には57,127人の観衆が集まり、UFCの最多観客動員記録を更新
  • 2020年3月、ミドル級タイトルマッチで挑戦者ヨエル・ロメロと対戦。判定勝ちで王座の初防衛に成功したものの、5Rを通して双方の手数が少ない凡戦となり、会場からブーイングを浴びた
  • 2020年9月、ミドル級タイトルマッチで当時13勝無敗のパウロ・コスタと無敗対決が実現。2Rに左フックでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。2度目の王座防衛に成功
  • 2021年3月、UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチで1階級上のUFC世界ライトヘビー級王者ヤン・ブラホヴィッチに挑戦。しかし、0-3の5R判定負けを喫し、王座獲得に失敗。キャリア21戦目で初黒星となった
  • 2021年6月、ミドル級タイトルマッチで挑戦者マーヴィン・ヴェットーリと再戦。再三に渡ってローを効かせ、下がりつつパンチを幾度かヒットさせ、テイクダウンを奪われても直ぐに立ち上がるなどヴェットーリの持ち味を潰してフルマークの判定勝ち。3度目の王座防衛に成功

イスラエル・アデサニヤの戦績・試合

プロ総合格闘技戦績(※2021年6月15日時点)

勝率:95%
試合決定率:71%(= KOor1本勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 一本 判定
試合数 22
勝ち 21 15 0 6
負け 1 0 0 1
分け 0
無効 0

直近の戦績

※直近11試合の戦績

対戦相手 結果 大会/日付
マーヴィン・ヴェットーリ 5R 判定3-0 UFC 263【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】/2021年6月12日
ヤン・ブラホヴィッチ × 5R 判定0-3 UFC 259【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】/2021年3月6日
パウロ・コスタ 2R 3:59 TKO UFC 253【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】/2020年9月27日
ヨエル・ロメロ 5R 判定3-0 UFC 248【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】/2020年3月7日
ロバート・ウィテカー 2R 3:33 KO UFC 243【UFC世界ミドル級王座統一戦】/2019年10月6日
ケルヴィン・ガステラム 5R 判定3-0 UFC 236【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】/2019年4月13日
アンデウソン・シウバ 5R 判定3-0 UFC 234 /2019年2月10日
デレク・ブランソン 1R 4:51 TKO UFC 230 /2018年11月3日
ブラッド・タヴァレス 5R 判定3-0 The Ultimate Fighter 27 Finale /2018年7月6日
マーヴィン・ヴェットーリ 5R 判定2-1 UFC on FOX 29 /2018年4月15日
ロブ・ウィルキンソン 2R 3:37 TKO UFC 221 /2018年2月11日

これを見ろ!おすすめの試合

VS ケルヴィン・ガステラム
(UFC 236【UFC世界ミドル級暫定王座決定戦】/2019年4月13日)

2019年4月、UFC 236のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦で当時ランキング4位のケルヴィン・ガステラムと対戦。
5Rにわたり、両者一歩も譲らぬ激しい打撃の応酬を見せ激闘を繰り広げられる。
5Rにガステラムを3度ダウンさせ、KO寸前まで追い詰めた(あと10秒あればKO決着となっていたかもしれない)。
結果、アデサニヤは、3-0の判定勝ちを収め、暫定王座獲得に成功した。
この試合は同年のUFC ファイト・オブ・ザ・イヤーも受賞しており、お互いの強い気持ちが見える大激闘だ。是非見て欲しい

明日の三歩
明日の三歩
GLORYで活躍したその打撃力はすっげぇぞ!アデサニヤ、かっけぇー!

戦って欲しい!あの選手

VS ヤン・ブラホヴィッチ

2021年3月、UFC 259のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチで1階級上のUFC王者ヤン・ブラホヴィッチに挑戦したが、判定負けを喫し、王座獲得に失敗した。
キックボクシングでも圧倒的な戦績を収め、それまでMMA戦績20勝無敗であったアデサニヤもUFCの階級の壁には阻まれ、キャリア21戦目で初黒星となってしまった。
ただ、アデサニヤの打撃力はUFC随一のものであり、その華のあるファイトスタイルを見ていると2階級制覇を夢見ずにはいられない。
是非、リベンジ戦を行い、もう一度2階級制覇を狙う姿を見たい(2021年6月15日時点)

その他のTopics

アデサニヤは”少年ジャンプ”が好き!?

子供の頃の夢はアニメーターであり、選手引退後にはアニメ制作会社を立ち上げたいと語るほどのアニメ好き。
“NARUTO(ナルト)”や”DEATH NOTE(デスノート)”にちなんだ下記のようなパフォーマンスをするなど、少年ジャンプアニメがお気に入りのようだ。
UFC引退後、日本で一戦してくれないだろうか。

NARUTO(ナルト)

  • 腹部に八卦封印のタトゥーを入れている
    • 八卦封印は四代目火影・波風ミナトが自身の息子であるうずまきナルトに九尾の半分を封印した術
  • 選手コールの際にナルトの得意技でもある口寄せの術のポーズをとることもある
  • ロック・リーのポーズをパフォーマンスでよく行い、アンデウソン・シウバ戦の試合中にも行っていた
  • UFC 253のメディア会見では「暁」の模様をあしらったシャツを着て出席
    • 「暁」とは、NARUTO(ナルト)に登場する犯罪組織
    • 各国の抜け忍たちで構成され、構成員のほとんどが忍の里の影に匹敵する、あるいは凌駕する戦闘力を持つS級犯罪者集団

DEATH NOTE(デスノート)

  • UFC世界ミドル級王座を獲得したUFC 243のロバート・ウィテカー戦の選手コール時には、”DEATH NOTE(デスノート)”をモチーフにしたジェスチャーでノートに対戦相手のロバート・ウィテカーの名前を書き記すパフォーマンスを行った
  • 試合後の記者会見では「俺には死神が憑いている。ただデスノートに彼(ロバート・ウィテカー)の名前を書いただけだ。ノートのルールを知っている人なら分かると思うけど、ちゃんと時間通りだったよ」とコメント

是非みて欲しい!アデサニヤの紹介動画

下記のyoutube動画にアデサニヤの歴史がとても詳しくまとまっているため、是非みて欲しい

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です