MMA

選手名鑑48:カマル・ウスマン|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなど

カマル・ウスマン_アイキャッチ画像

画像出典:カマル・ウスマン | UFC JAPAN

明日の三歩
明日の三歩
おっす、おら三歩!
アフリカ出身者史上初のUFC世界王者であり現UFC世界ウェルター級王者、テイクダウンディフェンス力が非常に高いケージレスリングの猛者カマル・ウスマンを紹介すっぞ!
やっべぇぞ!

カマル・ウスマンのwiki的プロフィール

基本情報

名前 本名: カマルディーン・ウスマン
(Kamarudeen Usman)
生年月日 1987年5月11日:(34歳 ※記事更新時)
出身地 ナイジェリア エド州アウチ
身長/体重 183cm/77kg
階級 ウェルター級
所属 ONXスポーツ
獲得タイトル 第12代UFC世界ウェルター級王座(2019年)
twitter
(ツイッター)
@USMAN84kg
instagram
(インスタ)
usman84kg

さくっと簡単な来歴

  • カマルウスマンは、高校からレスリングを始め、大学ではオールアメリカンに3度選出され、44勝1敗の記録を残し、2012年に総合格闘技デビュー
  • 2015年7月、UFC契約をかけたリアリティーショーThe Ultimate Fighter 21で行われたウェルター級トーナメント決勝でヘイダー・ハッサンに肩固めで2R一本勝ち。トーナメント優勝を果たした
  • 2015年12月、UFC本戦デビュー戦ではレオン・エドワーズをグラウンドで圧倒して判定勝ちすると、その後、破竹の7連勝をあげ、2018年11月、当時ランキング5位のデミアン・マイアと対戦。マイアの15度にわたるタックルを全て切り、ダウンを奪うなど圧倒して判定勝ち。圧倒的なテイクダウンディフェンス力を見せつけた
  • その後、元UFC王者ハファエル・ドス・アンジョスをも圧倒して判定勝ちすると、2019年、UFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者タイロン・ウッドリーに挑戦。終始ウッドリーを圧倒し大差の判定勝ちをあげ、王座獲得に成功。アフリカ出身者及びナイジェリア人史上初のUFC世界王者となる
  • その後も、上位ランカーのコルビー・コヴィントン、ホルヘ・マスヴィダルらと一触即発の舌戦を繰り広げるも、試合ではともに圧倒して勝利。
  • 2021年、ギルバート・バーンズやホルヘ・マスヴィダル(再戦)にKO勝利を飾り、元UFC世界ミドル級王者アンデウソン・シウバの16連勝に次ぐUFC史上最長連勝記録(14連勝)を更新した

カマル・ウスマンの戦績・試合

プロ総合格闘技戦績(※2021年6月16日時点)

勝率:95%
試合決定率:53%(= KOor1本勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 一本 判定
試合数 20
勝ち 19 9 1 9
負け 1 0 1 0
分け 0
無効 0

直近の戦績

※直近10試合の戦績

対戦相手 結果 大会/日付
ホルヘ・マスヴィダル 2R 1:02 KO UFC 261【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】/2021年4月24日
ギルバート・バーンズ 3R 0:34 TKO UFC 258【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】/2021年2月13日
ホルヘ・マスヴィダル 5R 判定3-0 UFC 251【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】/2020年7月11日
コルビー・コヴィントン 5R 4:10 TKO UFC 245【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】/2019年12月14日
タイロン・ウッドリー 5R 判定3-0 UFC 235【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】 /2019年3月2日
ハファエル・ドス・アンジョス 5R 判定3-0 The Ultimate Fighter: Heavy Hitters Finale /2018年11月30日
デミアン・マイア 5R 判定3-0 UFC Fight Night: Maia vs. Usman /2018年5月19日
エミル・ミーク 5R 判定3-0 UFC Fight Night: Stephens vs. Choi /2018年1月14日
セルジオ・モラエス 1R 2:48 KO UFC Fight Night: Rockhold vs. Branch /2017年9月16日
ショーン・ストリックランド 5R 判定3-0 UFC 210 /2017年4月8日

これを見ろ!おすすめの試合

VS ヘイダー・ハッサン
(The Ultimate Fighter 21 Finale【ウェルター級トーナメント 決勝】/2015年7月12日)

2015年、UFC主催の大会の一つであり、UFC出場をかけて争うリアリティ番組「The Ultimate Fighter」シーズン21のフィナーレとして、ヘイダー・ハッサンと対戦。
ここから猛者中の猛者しかいないUFCでのウスマンの連勝街道が始まった。

1Rからテイクダウンしてトップを取り、柔術黒帯のグラウンド力でコントロールする。
2Rでも同様の展開に持ち込み、最後は肩固めで一本勝ちし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞。
The Ultimate Fighter 21のウェルター級トーナメント優勝を果たした。

明日の三歩
明日の三歩
ウスマンのケージレスリングとトップコントロールはUFCでもピカイチだ!

戦って欲しい!あの選手

VS カムザット・チマエフ

MMA9戦全勝、UFC3連勝の強すぎるUFC期待の新星、カムザット・チマエフとの対戦を是非みたい。
正直、ホルヘ・マスヴィダル、ギルバート・バーンズを下した今、ウスマンに勝てるランカーは思い当たらない。
しかし、今最も勢いがあり、UFCからもめちゃめちゃ期待されているカムザット・チマエフであれば、ウスマンに通用する可能性があるのではと思わせてくれる。

カムザット・チマエフは2020年の年末に上位ランカーであるレオン・エドワーズと対戦が予定されていたが、ともに新型コロナウイルスに感染してしまい試合が流れ続けていた。
そして2021年3月、自身のInstagramで新型コロナウイルスによる合併症のため、総合格闘技からの引退を発表してしまった。
UFC代表のダナ・ホワイトをはじめ、様々な大御所がチマエフの引退を引き止めようと動いている。
是非、体を全回復させ、UFCの舞台に再び立ってもらえると良いのだが…(2021年6月16日時点)

その他のTopics

ウスマンを筆頭にUFCを席巻するアフリカ王者達

  • ウスマンは、同じナイジェリア出身であるUFCミドル級王者のイスラエル・アデサニヤと親交が深い
  • また、ナイジェリアに隣接するカメルーン出身であるUFCヘビー級王者のフランシス・ガヌーとも親交が深く、ガヌーがジュニオールドスサントスと対戦した時には、ウスマンがガヌーのセコンドを務めていた
  • アフリカ出身者史上初のUFC世界王者となったウスマンを筆頭に、アデサニヤ、ガヌーとUFC王者をアフリカから同時に3人も輩出しており、今、アフリカンパワーがUFCを席巻している
イスラエル・アデサニヤ_アイキャッチ画像
選手名鑑42:イスラエル・アデサニヤ|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどキックボクシング戦績81戦75勝という脅威の記録をつくりMMAへ転向、華のある打撃で人気のUFCミドル級王者、イスラエル・アデサニヤを紹介。 戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどを詳しく紹介します。 ...
フランシス・ガヌー_アイキャッチ画像
選手名鑑46:フランシス・ガヌー|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどUFCヘビー級王者で人類最強の男、最も人間離れしたとんでもないストライカー、フランシス・ガヌーを紹介。 戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどを詳しく紹介します。 ...

是非みて欲しい!カマル・ウスマンの紹介動画

下記のyoutube動画にカマル・ウスマンの歴史がとても詳しくまとまっているため、是非みて欲しい

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です