UFC

【試合予想】チャールズ・オリベイラ vs ダスティン・ポイエー|UFC269 ライト級世界頂上決戦!フィニッシュ決着間違いなし!

ufc269-oliveira-vs-poirier_アイキャッチ画像

画像出典:UFC 269: Oliveira vs Poirier | UFC

明日の三歩
明日の三歩
おっす、おら三歩!
今回はUFC 269(2021年12月12日/日曜・日本時間)にて対戦が予定されている世界UFCライト級タイトルマッチ、チャールズ・オリベイラ vs ダスティン・ポイエー(ポワリエ)の試合前予想だぞ!

ここ数年は無双状態を見せ、王者まで上り詰めたチャールズ・オリベイラ!
マクレガーを相手に圧倒的な強さを見せつけたダスティン・ポイエー!
世界最高の戦いが繰り広げられるぞ!

twitterフォローボタン

チャールズ・オリベイラのプロフィール・戦績

オリベイラは、PFP7位であり、UFC世界ライト級王者(対戦時)。

フェザー級時代はUFCでも勝ったり負けたりを繰り返していたが、2017年頃にライト級に階級を上げてから覚醒。

現在はUFC9連勝中で、前戦では元Bellator王者チャンドラーにTKO勝ちし、悲願のUFCライト級王者に輝いた。

基本情報

名前 本名:チャールズ・オリヴェイラ・ダ・シウヴァ
(Charles Oliveira da Silva)
生年月日 1989年10月17日(32歳 ※対戦時)
出身地 ブラジル サンパウロ州グアルジャ
身長/体重 178cm/70kg
階級 ライト級
所属 シュートボクセ・ディエゴ・リマ
獲得タイトル ・USKBA東海岸ライト級王座(2009年)
・第10代UFC世界ライト級王座(2021年)
twitter
(ツイッター)
@CharlesDoBronxs
instagram
(インスタ)
charlesdobronxs

戦績

プロ総合格闘技戦績(※ポイエー戦までの戦績)

勝率:78%
試合決定率:90%(= KOor1本勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 一本 判定
試合数 40
勝ち 31 9 19 3
負け 8 4 3 1
分け 0
無効 1

直近10試合の戦績

対戦相手 結果 大会/日付
マイケル・チャンドラー 2R 0:19 TKO UFC 262【UFC世界ライト級王座決定戦】/2021年5月15日
トニー・ファーガソン 3R 判定3-0 UFC 256 /2020年12月12日
ケビン・リー 3R 0:28 一本 UFC Fight Night: Lee vs. Oliveira /2020年3月14日
ジャレッド・ゴードン 1R 1:26 KO UFC Fight Night: Błachowicz vs. Jacaré  /2019年11月16日
ニック・レンツ 2R 2:11 TKO UFC Fight Night: dos Anjos vs. Lee /2019年5月18日
デビッド・テイマー 2R 0:55 一本 UFC Fight Night: Assunção vs. Moraes 2 /2019年2月2日
ジム・ミラー 1R 1:15 一本 UFC on FOX 31: Lee vs. Iaquinta 2 /2018年12月15日
クリストス・ジアゴス 2R 3:22 一本 UFC Fight Night: Santos vs. Anders /2018年9月22日
クレイ・グイダ 1R 2:18 一本 UFC 225: Whittaker vs. Romero 2 /2018年6月9日
ポール・フェルダー × 2R 4:06 TKO UFC 218: Holloway vs. Aldo 2 /2017年12月2日

ダスティン・ポイエーのプロフィール・戦績

ポイエー(ポワリエ)は、PFPでは王者であるオリベイラよりも上位の5位に名を連ねる元UFC世界ライト級暫定王者(対戦時)。

直近のコナー・マクレガー戦では2連続TKO勝利でその圧倒的な強さを見せつけた。

強すぎるポイエーではあるが、ハビブ・ヌルマゴメドフの前に敗れ、まだUFC正規王者になったことはない。
今回ついにUFC王者となることができるか。非常に注目が集まる。

ちなみにポイエーは堀口恭司と同じATT(アメリカン・トップチーム)所属であり、ヘッドコーチも同じマイク・ブラウンだ。

基本情報

名前 本名: ダスティン・グレン・ポイエー
(Dustin Glenn Poirier)
生年月日 1989年1月19日(32歳 ※対戦時)
出身地 アメリカ ルイジアナ州ラファイエット
身長/体重 175cm/70kg
階級 ライト級
所属 アメリカン・トップチーム
獲得タイトル UFC世界ライト級暫定王座(2019年)
twitter
(ツイッター)
@DustinPoirier
instagram
(インスタ)
dustinpoirier

戦績

プロ総合格闘技戦績(※オリベイラ戦までの戦績)

勝率:80%
試合決定率:75%(= KOor1本勝ち数÷勝ち数)

戦績 内訳
(T)KO 一本 判定
試合数 35
勝ち 28 14 7 7
負け 6 2 2 2
分け 0
無効 1

直近10試合の戦績

対戦相手 結果 大会/日付
コナー・マクレガー 1R 5:00 TKO UFC 264 /2021年7月10日
コナー・マクレガー 2R 2:32 TKO UFC 257 /2021年1月24日
ダン・フッカー 5R 判定3-0 UFC on ESPN 12 /2020年6月27日
ハビブ・ヌルマゴメドフ × 3R 2:06 一本 UFC 242【UFC世界ライト級王座統一戦】/2019年9月7日
マックス・ホロウェイ 5R 判定3-0 UFC 236【UFC世界ライト級暫定王座決定戦】/2019年4月13日
エディ・アルバレス 2R 4:05 TKO UFC on FOX 30 /2018年7月28日
ジャスティン・ゲイジー 4R 0:33 TKO UFC on FOX 29 /2018年4月14日
アンソニー・ペティス 3R 2:08 負傷ギブアップ UFC Fight Night: Poirier vs. Pettis /2017年11月11日
エディ・アルバレス 2R 4:12 無効(故意ではない反則打) UFC 211 /2017年5月13日
ジム・ミラー 3R 判定2-0 UFC 208 /2017年2月11日




試合結果予想

明日の三歩の予想

今回は、ダスティンポイエーの3RでのTKO勝ちを予想!

ポイエーは打撃よりのオールラウンダー、オリベイラは寝技がめちゃくちゃ強いグラップラーだが、打撃もできるという形。

MMAはスタンドから始まるため、打撃で勝るポイエーが主導権を取っていくだろう。
オリベイラがすぐに寝かせることができるなら話は別だが、相手はあのポイエー。それはなかなか厳しいと予想。

オリベイラも前戦のチャンドラー戦でも見せたように打撃も上手いのだが、さすがにポイエーの方が一枚上手だと感じる。

さらに、ポイエーの作戦参謀としてあのマイク・ブラウンがついている。
この世界トップ戦線のレベルでは、個人の強さ以上に戦略が大事になってくるはず。

正直、どちらが勝ってもおかしくない。
今回はポイエーの打撃を中心とした総合力、ATTの戦略性で紙一重で上回り、3Rでロングフックでオリベイラをぐらつかせたところに畳み掛け、
ダスティン・ポイエーのTKO勝利を予想する。

ヌルマゴメドフのコメント

あの29戦無敗で引退した元UFC世界ライト級王者、ハビブ・ヌルマゴメドフもこの一戦に対してコメントした。

そのコメントを和訳すると下記のような感じだ。

僅差の試合だ。
ただ闘魂、ファイトIQに関してはダスティン・ポイエーがオリベイラに勝っていると思う。
オリベイラをディスるつもりはない。
だがダスティン・ポイエーが勝利すると思う。

果たして、ヌルメドフの言うように、ファイトIQの差が明暗を分けるのか?
非常に楽しみだ。

ハビブ・ヌルマゴメドフ_アイキャッチ画像
選手名鑑44:ハビブ・ヌルマゴメドフ|戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなど元UFCライト級王者で29勝無敗・王者のまま引退、ライト級史上最も偉大な選手と称されるハビブ・ヌルマゴメドフを紹介。 戦績、おすすめ試合、強さ、youtube情報、wiki的プロフィールなどを詳しく紹介します。 ...

さいごに

今回は、UFCライト級頂上決戦、タイトルマッチとなる大注目試合を紹介

脅威の寝技力を持つ現王者オリベイラが意地を見せ、初防衛を成功させるのか。
ザ・ダイヤモンド(The Diamond)の異名を持つポイエーが王座をかっさらっていくのか。

どちらにせよ、激闘は間違いなしであり、技術、戦略、パワー、どれをとっても世界最高レベルの戦いを見せてくれるだろう。

明日の三歩
明日の三歩
年末に控える超激アツのタイトルマッチ!くぅ〜〜、やっべぇぞ!
twitterフォローボタン

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です